2015年10月16日

タイ・バンコクの印象

0E626909-60DC-4EA6-A932-679B764E21D7.jpg
ペナンから、タイ・バンコクへ

バンコク・スクンヴィット地区のホテルになんとかたどり着きました。空港からタクシーで来ちゃったけど、たぶんボラれてるなぁ。

バンコク
辺り一面お香の匂いが漂っている。クウェティオ(米面)みたいな匂いも。

AF6CEDB1-5BF6-4615-BE54-8D59B61ADF61.jpg

25F79501-8BF7-4704-814A-C00D2E1646DA.jpg

1BC77F64-916E-4909-99F9-03863540CD77.jpg

E767346E-4BE4-495C-9041-D754DFD48C80.jpg


欧米人やバックパッカー、セクシー女の子や道端の屋台、交通渋滞と排気ガス。物売りの声、あらゆるものがいっしょくたに、ごっちゃになって存在している。
テンションが高い都市。

posted by キヨミ at 01:34| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

ベナンのホテルにて・洗練されたマレー料理

ペナンのホテルにの朝食ブュッフェにて、思わず美味しい、洗練されたマレー料理に出会いました。

チキンのルンダンと海老のサンバル煮です。


9136C77D-EDFE-45A9-B364-D4539BF23714.jpg
チキンのルンダン
ルンダンとは、主に牛肉で作られるらしいのですが、ドロっとしたスパイシーな肉の煮込み。カレーといっもいいと思います。ココナツミルク、コブミカンの葉が効いていますね。マイルドで深みのある味。


14C84FD7-8C12-400E-83A7-7195905B3828.jpg
こちらは海老のサンバル。たぶん干し海老ベースのサンバルを使っている。

33AB84EE-2C56-4D79-8568-C1A308B26D6D.jpg
ココナツライス(ナシ ルマッ)、干し小魚のフライ(イカンピルス)、きゅうり、ゆで卵とこうやって食べるのがマレーシア式。

洗練されて、且つ丁寧で暖かい。

屋台料理、家庭料理とはまた違うマレーシア料理体験にテンションあがりました。❤️




posted by キヨミ at 18:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアインド系料理・テレッサさん宅でのカレーランチ

D8F1BF58-C4C5-4936-B927-9D9CA4A87BF6.jpg
テレッサさん家族、ウィさん家族も集まりインド料理ランチ

C013AC6F-970D-4769-BAD9-7C1B790DE560.jpg
パッパラム
これは揚げ煎餅。油に入れるとあっという間に膨れます。サラッとして、油を感じない。
レナちゃん(ウイさんの娘さん)がこれを見つけてつまみぐい。子供のおやつになるみたい。

B1634170-3BA4-4CA2-80C3-8BCED5A7858D.jpgA2529D3F-16F9-4D24-AB32-B2B361F06C13.jpg
テレッサさんのお宅のインテリア、そして今日の料理のレシピは、亡くなったお義理母さん伝来のもの。

 さあ、料理を運んでランチ。
ウイさん家族、テレッサさん家族も集まります。

581CCD8C-E95F-47FE-B18E-FEF2EC1216EA.jpg
バナナの葉をお皿として使うのが、正式。神様へお供えをする時にも使います。バナナの葉は抗菌作用もあるらしいです。

 さて、インド系の人々は食事の時に手(右手)で食べるのが流儀。
 ここでウイさんがご家族への一言。「ここでは手で食べますよ。まず手を洗ってね」
 そこで私も心を決めました!「右手で食べる、初挑戦!」

 ウィさんの言葉に、異なる文化へのリスペクト、尊重の気持ちを感じました。

テレッサさんは、「うまく食べれなかったらスプーンとフォーク使ってね。」といってくれなのですが。果たして行儀良く食べれたのかなぁ!
9739C99E-1900-4AC8-A98A-BE6B374D8565.jpg
右手で食べる私

 美味しいでーす!そして楽しいでーす!インドの食文化に触れた気がして興奮してます!
posted by キヨミ at 12:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。