2016年05月15日

中央葡萄酒ミサワワイナリー訪問

5月前半はワイン三昧。ワイナリーを訪問したり、出張ワイン講師をしたり!充実しました。後追いですがいくつか。

5月2日
山梨県北杜市、中央葡萄酒ミサワワイナリーを訪問しました。

ここで、勝沼グレイスワイナリーが、新しい葡萄畑と醸造所を展開しているのです。
100%自社畑産ぶどうを使ったワインを作ります。甲州種の他は、シャルドネ、メルローなどのヨーロッパ品種。
棚式栽培でない、垣根式栽培。(ヨーロッパでワイン用葡萄を栽培する際の栽培方法。1本の木のぶどう数を厳しく制限し、成熟中のぶどうにしっかり日光をあてることができる栽培方法)
4DAA991B-7624-4916-9B03-75D65ACCD198.jpg

AB15B9DC-9442-420B-A686-57A716CF6E25.jpg
カベルネ・ソーヴィニョンです。


葡萄の木の樹齢は、14〜15年。人間と同じで、あと4、5年で成熟だとか。

シーズンオフの醸造所も見学させていただいて、試飲。
F75162CD-2E75-452C-9478-16A533B21967.jpg

えっ?日本のシャルドネ、日本のメルロー、こんなに美味しくなってるの?価格を考えると、ちょっとラヂキチでは、お出しできないのですが、感動です!
特に樽を使ったシャルドネ!エレガントな香り。すうっと口に入るしなやかさも持ちます。

醸造責任者の三澤彩奈さんとツーショット。
(業界では超有名人です。)華奢で物腰が柔らかく、素敵な方でした。とても美しい方です。
80C3B198-82E1-40AA-91C8-9D1225C0C85A.jpg
三澤彩奈さんと。
posted by キヨミ at 08:35| Comment(0) | わいん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。