2015年10月14日

飲茶とスティームボード

飲茶、
バンコク2日目。ちょっと落ち着いてきた所で、マレーシア料理体験をまとめたいと思います。
こうやって写真付きでまとめることで、私の頭の中も整理しすることができるのでお付き合い下さいませ❤️

中国系の料理をまとめます。

まず飲茶です。

F955022B-7FE6-4C1E-89EB-6E211A2B39F7.jpg
飲茶の人気店。飲茶は香港スタイルの軽食。人気

91F88DCB-9BCB-42B7-944F-FD54B8E6A671.jpg
湯気が立ち上ります。好きなおかすをえらんでテーブルへ。

5411BF90-E478-4ACB-B8E3-A1FD11020DCA.jpg
中国茶と共に。中国茶、いいなぁ。


5E2E8619-9049-4D93-881A-EA6E042D774B.jpg
枝豆の餡が入った餅菓子。ココナツがまぶされてます。程よい甘みで美味しい!
餅の緑色はパンダンというハーブで着色します。
 私にとってちょっと不思議な(ゴメンなさい)マレーシアのお菓子の中で優しくて、素直に美味しいって思えるお菓子。なんです。
 不思議さについては帰国後。



そして、皆で囲む鍋、スティームボード
中国のひとは大勢で鍋を囲むのが好き。丸井テーブルが一般的ですね。

F58167F4-9376-417E-A711-84505ADC98C2.jpg

タイスキと煮てます。鍋が区切られていて鶏ガラスープとトムヤンクンスープ。これ、かなり辛い❗️です。マレーシアではタイ料理はかなりポピュラー。
このお店では、スティームボードと共にバーベキューも楽しめるというスタイル。


46C3ED7F-D30D-4175-A398-42F9A27921BC.jpg
スティームボードの具

具をスープに入れて煮て、スープごと食べる。主な具は、様々な魚の練り物、豆腐、ゆば、厚揚げ、魚介、など。
最後はラーメンでしめます。(これはインスタントが一般的みたい)


03C1D258-1605-48AC-8EFE-DED37B704602.jpg
どんな料理にもやくみがつくのがマレーシアンスタイル。

2F4AE89C-9576-444F-A901-8ED48EB954F8.jpg
ウィさんご一家と!
楽しい夜

posted by キヨミ at 22:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: